doggess BLOG
 国際基督教大学(ICU)のセクシュアル・マイノリティのミックス飲み会サークル・doggessのblogです。 

Category..|最新の記事News!!Event!!Free Talk!未分類Link!!
RSS + ADMIN + HELP
 ◆ スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)
 ◆ サークル交流会と新寮建設
2009/06/13(土)
中央Light Heartsさんにお誘いいただき(ツッキーさん、ありがとうございますw)、27日にサークル交流会に参加することとなりました。滅多に他のサークルさんと絡まないので、今からとても楽しみです。

まあ、でも「楽あれば苦あり」とはよく言ったもので、只今ICUにて新寮建設についての問題が持ち上がっております。
現在、ICUのもう一つのLGBITサークルのシンポシオンがもの凄い勢いで学校側にアクションをとってます。
私自身、他の課題との兼ね合いでまったくコミットできてないのですが(本当に申し訳ない)、他のメンバーはホントに頑張ってます。
詳しい進捗状況はシンポシオンのブログに随時アップされていく予定です。

この新寮の問題は確かにICUの個別の問題ではありますが、内容的にはどの大学にでも起こりうることですし、学生のクォリティーオブライフの面から考えると重要な問題だと思います。
他大の方でも、自分の大学のサークルの友達と話し合ってみたり、ニチョのみんなと考えてみてください。

そしてもし考えたことを共有したいなっと思ってくださったら、icu_doggess☆yahoo.co.jpまでメールをくださると、嬉しいです。 (M)



以下長いのですが、学校側に送った質問書の全文を載せてあります。

質問書

このたびICU LGBITサークル シンポシオンは、現在進行中の(仮称)食堂・ダイアログハウス棟及び新学生寮A棟の建設計画について、セクシュアル・マイノリティーズを含む全ての学生の人権を守るという姿勢がICU全体で共有され、実際に建設計画に有効に反映されていることを確認するために本質問書をお送り致します。
私たちが生活するICUは人権意識の高い教育機関として有名であり、全学生が世界人権宣言に署名しています。さらに、国際基督教大学人権侵害防止対策基本方針に則り、大学を挙げて人権侵害のない環境の整備に取り組むことが宣言されています。また、ジェンダー研究センターの学内設置に加え、ジェンダー及びセクシュアリティ研究関連の授業が開講されるなど、日本屈指のジェンダー・マイノリティ及びセクシュアル・マイノリティへの配慮が行き届いた大学でもあります。私どもシンポシオンは、毎年新入生から耳にする「シンポシオンがあったから」、「ジェンダー研究センターがあったから」ICUを志望した、という声に喜び、このような学習環境がジェンダー研究センター、シンポシオン、そしてICU全体の協力体制にもと成り立っていることに感謝しております。
さて、ICUの人権侵害防止対策基本方針には、「ICUは世界人権宣言を重んじる大学として、人権侵害のない教育・研究・就労環境を整え、構成員が安心して過ごせるキャンパスを確保する責任があると考えています。ゆえに、性、人種、宗教、年齢、性的指向、障碍などに基づく差別や、地位・立場を利用したあらゆるハラスメントは形態の如何に関わらず許されません。」(2009年6月8日現在)という、ジェンダー・マイノリティ及びセクシュアル・マイノリティの人権保護を含めた先進的な文面があります。
「セクシュアル・マイノリティーズに対するあらゆる差別・暴力・誹謗・中傷に反対し、生まれながらにして持っているはずの人権を享受できるように行動をする団体」である私どもシンポシオンも、ICUの基本方針に賛同し、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・インターセックス・トランスジェンダー(以降「LGBIT」)をはじめとするセクシュアル・マイノリティーズ当事者及びICUの全ての構成員の利益になるよう、学校運営に携わる部署と連携して学内の人権問題に取り組む所存であります。
その一環として、私どもは2007年6月7日に、セクシュアル・マイノリティーズがICUで学生生活を送るなかで直面する問題を具体的に説明し、その改善案を提案する要望書をICUの人権委員会に提出致しました。それに伴い、2007年9月12日にはシンポシオンのメンバーが人権委員会委員長(当時)の森本光生先生と学生部長の中村一郎先生にお目にかかり、今後ICUがセクシュアル・マイノリティーズの人権尊重の重要性を十分に認識して、大学の施策に取り組むことを確認させていただきました。同時に、セクシュアル・マイノリティーズが直面する人権問題は当事者以外には想像しづらい点が多く、実際の有効な施策を行っていくにはジェンダー・セクシュアリティに関する知見および当事者の声が必要となるため、今後も私どもから積極的に働きかけを行ってほしいというお言葉をいただきました。そこで、私どもは、今後も全てのICU構成員の人権が尊重されたキャンパス作りに向けて、積極的に協力していくことをお伝えさせていただきました。
このような経緯を踏まえ、私どもシンポシオンは、現在進行中の(仮称)食堂・ダイアログハウス棟及び新学生寮A棟建設計画において、セクシュアル・マイノリティーズを含む全ての学生の人権を守るという姿勢が十分に反映されていることと大変期待しております。同時に、その精神に基づいた建設計画の施策が人権侵害の防止に現実に有効に働いていることを確認させていただくために、本質問書をご用意致しました。
私どもシンポシオンは、(仮称)食堂・ダイアログハウス棟及び新学生寮A棟が、全てのICU生の人権尊重を前提とした素晴らしい施設となるように、この質問書をもとに、是非話し合いの場を持たせていただきたいと考えております。既存の学生寮及び学内のトイレ・シャワー設備について、シンポシオンには、セクシュアル・マイノリティーズのICU生から、改善を希望する声が数々寄せられてきました。ICUには、既存の設備や学生寮の運営方法によって予想される困難から、自らが入寮するという選択は最初からとても考えられなかったという学生がいます。また、学生寮での生活に魅力を感じて、あるいは経済的な事情から入寮したものの、セクシュアル・マイノリティーズへの配慮が不十分であるために、不利益や苦痛を経験しているという声もあります。その理由から、退寮を選択することになった学生もいます。学生寮での共同生活には有意義な点も多々あるかと思いますが、その一方で、こうした経験談は、実際のところ学生寮で生活する機会がICU生全員に均等に保障されていないことを指摘していると考えられます。さらに、現状においてセクシュアル・マイノリティーズの学生がこうした問題に自らの時間とエネルギーと費やして対応せざるを得ないことは、しばしば学習や健康な生活を妨げる原因となっています。こうしたセクシュアル・マイノリティーズの学生の声が毎年寄せられ続けていることから、私どもシンポシオンは、(仮称)食堂・ダイアログハウス棟及び新学生寮A棟の建設計画に非常に注目しております。(仮称)食堂・ダイアログハウス棟及び新学生寮A棟が完成されれば、少なくとも今後数十年の間はICUの設備として利用されることになります。ICUの人権侵害防止対策基本方針にある「性、人種、宗教、年齢、性的指向、障碍などに基づく差別」を防止するためには、これらの一連の建設計画はICUにとってまたとないチャンスであると思われます。今の段階で、計画が人権侵害の防止に十分に配慮したものになれば、将来必要になる改築作業や制度変更の手間や経費は削減できることでしょう。2009年現在においては、ジェンダー・マイノリティやセクシュアル・マイノリティに対する十分な配慮は「急進的」なものに見える部分があるかもしれませんが、今後10年20年と社会状況が変わった時、前時代的な寮設備しか持っていないICUは時代遅れの大学として魅力を失っていくでしょう。そうならないためにも、そして、新設される(仮称)食堂・ダイアログハウス棟及び新学生寮によってICUをますます人権意識が高く魅力的な大学としていくためにも、シンポシオンは是非とも大学各部署と連携してこの問題に取り組みたいと考えております。私どもは、ICU生のセクシュアル・マイノリティーズ当事者から聞き取りを行うとともに、セクシュアル・マイノリティーズも含めた多様な学生がともに生活する学生寮の成功例について調査を行っております。必要に応じて、設備のマイナーチェンジや運営方法についてご提案を差し上げたく存じます。  そこで、6月10日(火)から12日(金)までの間に、中村一郎学生部長、鈴木幸夫学生サービス部長、私どもシンポシオンで話し合いの場を持たせていただきたくお願い申し上げます。それまでに質問書に回答をご用意くださいますようお願い致します。また、上記日程のうちご都合のよろしい日にち及び時間帯を複数指定し、6月9日(火)までに下記の連絡先までご連絡ください。シンポシオンより折り返しご連絡差し上げます。
なお、本質問書および経過、回答は、シンポシオンのウェブサイト(http://lgbit.blog6.fc2.com/)や文書を通じて、学内外に公開させていただきます。

国際基督教大学LGBITサークル シンポシオン
連絡先:sumposion_icu@yahoo.co.jp




?.(仮称)食堂・ダイアログハウス棟についての質問
ICU管理部の当該ウェブページ(https://w3.icu.ac.jp/pcpg/dininghall.and.dorm.
12feb2009.html)に掲載されている「(仮称)食堂・ダイアログハウス棟及び新学生寮A棟平面図」を見る限りでは、(仮称)食堂・ダイアログハウス棟で学生が日常的に使用することになるスペースでは、男女分けされた共用トイレが1Fと2Fの各階に1カ所の設置予定となっているようです。
男女分けのトイレしかないスペースは、性同一性障害の当事者やトランスジェンダー/トランスセクシュアルなどを含む性別違和を持つ者にとって、トイレへの安全なアクセスが保障されているとは言い難い環境です。シンポシオンは、2007年6月7日付けの要望書においても、学内の男女分けのトイレの問題点を指摘しておりました。性別移行によって生物学的・法的に割り当てられた性別とは異なる性別で生活している者、また、性別移行中や自らのアイデンティティに見合ったジェンダー表現を行うために、男女どちらかに典型的に期待される外見をしていない者は、男女分けのトイレによって日常的に多くの問題を経験しています。例えば、男女どちらのトイレに入っても周囲の目を気にしなければいけないことによる苦痛、日頃周囲の人々に明らかにしている性別とは別のトイレを使わざるを得ない場合の人間関係の心配、他人からいぶかしがられ通報の対象になる可能性への恐怖、トイレをめぐって見た目の性別と生物学的・法的性別の違いが明らかになってしまった場合に受ける罵倒・暴力・セクハラの可能性、またそのような時に加害者ではなく自分が処罰されるかもしれないことによる苦痛、このような心配から誰の目にも触れないタイミングになるまでトイレの使用を我慢しなければいけない苦痛などです。
 今回の建設計画は、本学の教育環境の一層の充実を目指して行われるものと伺っております。(仮称)食堂・ダイアログハウス棟は、ICU内の大規模なコミュニケーション・スペースとなる予定で、そこで多くの学生が長い時間を過ごすことになるでしょう。しかし、そのスペースに男女別のトイレしかなければ、性別違和を持つ学生は学生生活を快適に過ごすことから疎外されてしまいます。こういった事態を避け、(仮称)食堂・ダイアログハウス棟を全ての学生にとって快適で魅力的なものにするために、現段階では何か具体的な対策をお考えでしょうか。

?. (仮称)新学生寮A棟についての質問
1 居住スペース区分における性別の扱い
ICU管理部の当該ウェブページ(https://w3.icu.ac.jp/pcpg/dininghall.and.dorm.
12feb2009.html)に掲載されている「(仮称)食堂・ダイアログハウス棟及び新学生寮A棟平面図」を見る限りにおいては、(仮称)新学生寮A棟での居住に際して、入寮者の性別がどのように考慮されるのかは明らかになっていません。
現時点で、大学は(仮称)新学生寮A棟への入寮者の募集及び居住スペースの区分に際して、入寮者の性別をどのように扱う予定でしょうか。(仮称)新学生寮A棟においては2人部屋が基本となっていますが、ルームメイトのアレンジにあたっては、入寮者の性別はどのように取り扱われる予定でしょうか。
 仮に、学生寮の居住スペースが性別によって区分される場合、それはセクシュアル・マイノリティーズの学生が入寮を考える際、そして実際に生活をしていく中で非常に大きなハードルとなると考えられます。
性同一性障害の当事者やトランスジェンダー/トランスセクシュアルなどを含む性別違和を持つ学生にとっては、男女別となっていることで、戸籍上の性別で入寮するのか、あるいは見た目の性別や生活上で望む性別で入寮するのか、大きな選択を迫られるという問題があります。さらに、入寮後は、生活全般において入寮の際に選択した性別であることを前提とした扱いを受ける可能性があり、そこでも日常的に困難に直面すると考えられます。寮で生活する学生の大半を占める10代後半から20代前半の年代においては、性別違和を持つ人が社会的な性別を移行している最中であることは珍しくなく、また、既に自分の望むジェンダーでの生活を確立している場合でも、男女という2つの枠で分けられることに苦痛や生活上の困難を感じている人も存在します。性別違和を感じている学生に男女どちらかの性別で入寮を選択させることは、入寮のハードルを高め、日常生活における苦痛と生活上の不利益を余儀なくさせる可能性が高く、暴力的であるとも言えます。
 また、仮に寮の居住スペースが男女別で区分されるのであれば、それは、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアルなど多くの異性愛以外のセクシュアリティの学生がICUで生活していること、そして、新学生寮に入寮する可能性があることを無視しているとも受け取ることができます。居住スペースが男女で区分されて学生寮が運営されるとすれば、入寮者が異性愛であることが前提とされており、同性の同居人の間では性的関係は起こり得ないという暗黙の了解が存在していると考えられます。しかし、異性愛ではないセクシュアリティの学生にとっては、同性のルームメイトの存在は決して性的関係のあり得ない相手ではなりません。そのような場合には、同性であれば着替えやシャワーなどの空間を共有しても問題がないとは一概には言えません。レズビアン・ゲイ・バイセクシュアルのICU生からは、同性の相手と同じ部屋で生活するのであれば、十分なプライバシーが確保されるような運営方法なしには苦痛や不便が避けられないという声があがっています。
 そもそも、寮の居住スペースを男女で区分することは、性暴力やセクシュアルハラスメントといった問題の防止に必ずしも有効であるとは言い切れません。性暴力には、性別以外の権力関係も大きく関与しています。当人の性別や性的指向に関わらず、同性間においても性暴力やセクシュアルハラスメントの可能性があることも指摘されています。性暴力とは、他のハラスメントと同様に、その大部分が暴力的行為として説明できると考えられており、加害者の異性や同性に対する関心が重要というわけではありません。そのため、異性愛者が同性間での性暴力の加害者となる場合もあります。その中で、セクシュアル・マイノリティーズの当事者は、そのセクシュアリティを理由として被害者になりやすいことが加えて報告されています。(別紙添付資料:Wisconsin Coalition Against Sexual Assault, ”Lesbian, Gay, Bi-Sexual, Transgendered (LGBT) Populations and Sexual Assault”を参照)。男性から男性へのレイプの場合は、その多くは、男子寮や運動のチームなど男性のみに限られた社会的環境において、イニシエーションの儀式として行われることが研究されています。そのようなレイプの加害者の多くは、自らを異性愛者だと報告しています。また、報告されている限りでは、ゲイ男性がレイプされる確率は、異性愛の男性よりも高くなっています。ここでは同性愛嫌悪がレイプの重要な背景となっており、伝統的な男らしさにそぐわない男性が性暴力の被害に遭う確率を劇的に高めていると分析されています。(参考資料:Scarce, Michael, Male on Male Rape: The Hidden Toll of Stigma and Shame.Plenum Press. New York, New York.1997。別紙添付資料:“Stat: National Data on Sexual Violence –Men”も参照)。このことから、学生寮における性暴力やセクハラの防止を考えるならば、性別や性的指向を問わず、性暴力やセクハラの被害が起きぬように、設計上および教育上の工夫が必要となることでしょう。
 このように、男女という性別によって居住スペースを区分することは、セクシュアル・マイノリティーズの学生に対する重大な人権侵害を引き起こす可能性がある一方で、性暴力やセクシュアルハラスメントの防止に有効であるとは言い切れません。(仮称)新学生寮A棟の建設計画においては、現段階で、セクシュアル・マイノリティーズを含めた全てのICU生が安全で有意義な寮生活が送れるようにするために、居住スペース区分における性別の扱いについて何か対策をお考えでしょうか。

2 トイレ
ICU管理部の当該ウェブページ(https://w3.icu.ac.jp/pcpg/dininghall.and.dorm.
12feb2009.html)に掲載されている「(仮称)食堂・ダイアログハウス棟及び新学生寮A棟平面図」を見る限りでは、(仮称)新学生寮A棟では、各階のスタディールーム付近に大型個室トイレが1か所、また各階に3つずつあるPOD内には共有トイレが各1か所設置される予定になっています。平面図を見る限りにおいては、これからのトイレが特定の性別を利用対象者としたものであるか、性別に関わらず利用できるものであるかは明らかになっていません。

A. 各階大型個室トイレ
 (仮称)新学生寮A棟の各階に設置される予定である大型個室トイレは、現在学内の食堂などに設置されている大型個室トイレのように、車いすユーザーのみならず性別に関係なく誰でも使用できるトイレでしょうか。
私どもは、2007年6月7日付けの要望書で、性別に関係なく利用できる個室トイレの導入をお願いしてまいりました。もし(仮称)新学生寮A棟に設置される大型個室トイレが男女分けされてないものであれば、大変喜ばしく思います。私どもの要望を建設計画に反映して下さったことに感謝致します。

B. 各POD内の共有トイレ
 (仮称)新学生寮A棟の各POD内に設置される予定である共有トイレについては、利用対象者の性別をどのようにお考えでしょうか。このトイレは、性別に関わりなく利用できるものでしょうか。また、トイレの全体のドアはどのようなデザインを予定されていますか。トイレ内の内装、特に個室の壁とドアはどのようなものを予定されていますか。
 「1 居住スペース区分における性別の扱い」にて詳しく説明したとおり、男女という性別によるスペースの区分は、セクシュアル・マイノリティーズの学生にとって苦痛と不利益をもたらす大きな問題となっています。加えて、性暴力やセクシュアルハラスメントの防止のためには、スペースを性別で区分することは対策として有効でなく、利用者に関わらず安心してトイレを利用できるように十分にプライバシーに配慮することが必要であると考えられます。このような点を踏まえたプライバシーの配慮については、現段階で何か対策をお考えでしょうか。

3 入浴設備
ICU管理部の当該ウェブページ(https://w3.icu.ac.jp/pcpg/dininghall.and.dorm.
12feb2009.html)に掲載されている「(仮称)食堂・ダイアログハウス棟及び新学生寮A棟平面図」を見る限りでは、どの部分がシャワーや風呂といった入浴設備として設計されているのかよくわかりませんでした。
各POD内にある共用トイレの奥には、2か所ずつ区切られた空間がありますが、ここはシャワーブースとして設置される予定でしょうか。このシャワーブースには、利用者の体が外から見えないようなドアやカーテンが併設される予定でしょうか。また、利用者の体が他の学生から見えないよう十分にプライバシーに配慮した脱衣スペースは併設される予定でしょうか。このほかにシャワールームあるいはシャワーブースなどの入浴設備が設置される予定はありますか。
また、入浴設備の利用対象者の設定において、性別を基準とすることは予定していますか。
「1 居住スペース区分における性別の扱い」にて詳しく説明したとおり、男女という性別によるスペースの区分は、セクシュアル・マイノリティーズの学生にとって苦痛と不利益をもたらす大きな問題となっています。特に、性別違和を持つ学生は、自らの身体の性的特徴(例えば胸部や股間)を他人に見られることに強い苦痛を覚えることが少なくありません。性別移行を行うなどジェンダー表現に工夫をしている学生の場合、普段着衣の状態しか見せていない相手に裸の体を見られてしまうと、本人にとって苦痛なだけではなく、相手の戸惑いや差別的な扱いを呼ぶ可能性があり、人間関係における大きな問題に発展することも考えられます。それは、寮生活に支障をきたす、場合によっては、大学生活そのものの継続を危うくする可能性もあります。
また、学生寮で生活するレズビアン・ゲイ・バイセクシュアルの学生にとって、入浴や脱衣中の自分の姿が他の人から見える、あるいは、周りの人の様子が見えてしまう設計となっていることは、たとえ相手が同性であっても、緊張や不快感、苦痛をもたらす可能性があります。性的指向が同性に向いている/その可能性のある学生は、性的な関係も想定されうる相手とプライバシーへの配慮が十分でない入浴設備の共用を強制させられることに苦痛を感じることが少なくありません。そのような場合に、他の学生が入浴設備を利用する時間を避け、睡眠時間や学習時間を削って入浴するようにしているという声も寄せられています。こうした自助努力が求められてしまうために、セクシュアル・マイノリティーズの学生に、学習の機会の均等が保たれていない現状があります。また、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアルの寮生がカミングアウトした場合には、その学生と入浴設備を共用する学生にも、不必要な緊張や苦痛をもたらす可能性もあります。そのような問題が起こることを不安に感じて、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアルの学生が寮内でカミングアウトできないこともあります。
加えて、先述のとおり、性暴力やセクシュアルハラスメントの防止のためには、スペースの共有を同性に限定するという対策は十分ではありません。以上の観点から、入浴設備においては、利用対象者の性別や性的指向に関わらず、プライバシーが十分に保護される環境が必要とされていると考えられます。入浴設備利用における十分なプライバシーの確保のために、何か対策をお考えでしょうか。

以上

別紙添付資料:
2007年6月7日付け要望書(宛先:国際基督教大学人権委員会委員長 森本光生先生、
差出人:ICU LGBITサークル シンポシオン)、人権委員会からの6月7日の要望書に対する回答(メール文面コピー)、Wisconsin Coalition Against Sexual Assault, ”Lesbian, Gay, Bi-Sexual, Transgendered (LGBT) Populations and Sexual Assault”、 “Stat: National Data on Sexual Violence –Men”。


スポンサーサイト
22:28 | News!!| トラックバック:0 | コメント:4
 ◆ ”×”がとてもBLっぽいって言われたけど、悪意があるわけじゃないのよっとか言ってみる
2009/05/14(木)
あまりの課題の終わらなさに、気づけばGWはただレポート書くことのみに消費されたMです。ちなみに今もレポート中。というか最近毎日英語論文と格闘中。
高校時代、英語の成績が五段階評価かつ絶対評価でアヒルになるかどうかすれすれだったあたしの英語力をなめないでよねっ!もちろんELPはプロAよ!
・・・こんなことで23日のパレードは参加できるのかしら?(遠い眼)


そんなこんな(?)で再びお知らせのために浮上。
CGSスタッフのMちゃんとYちゃんが頑張ってこんなアゲ↑な企画をしてくれてます。結構メールはばらまいてるみたいだし、近隣大学には↓なポスターもはってるはず。

対談ポスター


あたし自身は同じ時間に別の授業があるため、参加できないんだけど、ぜひお暇な方は参加すると良いと思うわ。絶対面白いと思うの。(M)

以下詳細よー


◇「ジェンダー研究へのアプローチ」2009年度公開講座のお知らせ◇
(以下、転送歓迎)


なぜ非異性愛者ばかりが「名乗り」を強要されるのか。ニュースコンテンツサイト「デルタG」のライター・運営スタッフであるミヤマアキラさんと、フェミニズム研究をご専門とし、セクシュアリティを主な関心領域とされる大学教員の飯野由里子さんが対談形式での講演を行います。「名乗り」としてのカミングアウトや、一方的な「名付け」や人格への還元など、「名付け」をめぐる政治性についてお話いただきます。ぜひお誘い合わせの上、ふるってご参加ください(予約は不要です)。




■講演タイトル:「〈名付け〉をめぐるポリティクス」
(「ジェンダー研究へのアプローチ」2009年度公開講座)
■日時:5月20日(水) 15:40?19:00
■場所:国際基督教大学 本館3階 303教室
■講師:ミヤマアキラさん
    飯野由里子さん
■言語:日本語(ディスカッション、質疑応答あり)
■講演概要:
「異性愛」が「デフォルト」な世界(異性愛中心主義社会)において、性的マイノリティはその存在主張のため、つねに「非異性愛」として「名乗る」ことが要請される。圧倒的に非対称な権力関係の下、自らを「非異性愛」として名付けたり名乗ったりすることはとりわけ切迫した問題であり、ポリティカルな意味を持ちうるが、同時に「名乗り/名付け」が含み持ってしまう問題性や暴力性もまた存在する。もう「非異性愛」という名乗りは必要ないのだろうか。あるいはどのような形の名乗りが有効なのだろうか。具体的なお話を織り交ぜながら、「名乗り/名付け」の問題をめぐってご講演いただきます。


■講師プロフィール
◆ミヤマアキラさん:
ニューコンテンツサイト「デルタG」のライター、および運営スタッフ。ルンペンのふりをしたリサーチャー、あるいはリサーチャーのふりをしたルンペン。
◆飯野由里子さん:
大学教員。専門はフェミニズム研究。主な関心領域はセクシュアリティ。


■主催:国際基督教大学ジェンダー研究センター
住所:東京都三鷹市大沢3-10-2 ERB-301
電話:0422-33-3448
■問い合わせ:iseri@nt.icu.ac.jp(担当:井芹真紀子)




16:27 | News!!| トラックバック:0 | コメント:0
 ◆ 定期的に更新しなくちゃね
2009/04/14(火)
Doggessと直接は関係ないけど、お知らせ。
一応学内って文章に書いてあるけど、普通に学外からの参加もうぇるかむw
とりあえず、あたしは月曜も火曜も居る予定。(M)


以下コピペよん。
***************************************************************
CGS(ジェンダー研究センター)はジェンダー・セクシュアリティー研究に関心がある全ての人たちに開かれたコミュニケーションスペースです。今学期も学内の皆さんに私たちを知っていただく機会としてティーパーティーを開催します。

特に新学年を迎える今学期は、在学生のみならず新入生の皆さんの来場を心待ちにしています。
また、ジェンダー・セクシュアリティー研究専攻(PGSS、CGS)に関する質問も受け付けますので、そちらに興味のある方も是非、いらしてください。登録や履修、メジャーに関する相談にものれます。

所員、院生、学生スタッフ一同、お茶とお菓子を用意してお待ちしております。予約不要です。

日時: 2009年4月20日(月)&21日(火) 12時40分?15時
場所: ジェンダー研究センター(ERB-I 301)

We would like to invite you all to our tea party scheduled from 12:40 p.m. on April 20th - 21th. We will be waiting with tea and snacks! Anybody who is interested in our activities and yet has not visited us, please come and join us!

The Center for Gender Studies (CGS) provides a communication space for those who are interested in issuees of gender and sexuality. We would like you all to join us at our tea party! We are especially looking forward to meeting new students arriving this April. Come and learn about the Program in Gender and Sexuality Studies (PGSS), an interdisciplinary major launched in 2005.

FREE TEA and SNACKS No sign-up required. Everybody is Welcome!!

Date: April 20th & 21st
Time: 12:40-15:00
Place: Center for Gender Studies (ERB-I 301)

22:03 | News!!| トラックバック:0 | コメント:0
 ◆ ようこそドゲスへ!2009
2009/04/05(日)
まったく更新してなくて本当にすみません。
再びMです。
っていうか、私くらいしか更新しないこのブログもどうなのかしら?www


そんなこんな(?)で、
お久しぶりな方も、初めましてな方も、こんばんわ。

ICUのLGBTIのサークルの「Doggess」です。
最近よく生存を疑われていますが、一応生きてます^^(爆)

私たち「Doggess」は月に一・二回前後の飲み会を開いて遊んでます。
・・・と、言うのは建前で、まあ実情年に三回も飲んでませんwww
ただ単に現役学生sに酒飲みが少ないのと、なかなか揃わないのが原因です。笑。
よくご飯は仲間内で予定があったメンツで食べてますよ。

基本的に何かしたいメンバーがメ―リスで呼びかけて企画するというスタンスなので、
学内に部室はないし、これといって集まってる場所もないです。
まあICU生はジェンダー研究センターに行けば割と会えるがwww

そんな訳で、他大の方もウェルカムです!
むしろよろしければ絡んでくださいな(笑)


Doggessのメンバーのうち二名は大学生ナイトのスタッフをやってます。
そこら辺に興味ある人も是非是非www


そんなとってもゆるーいサークルですが、
少しでも興味がありましたらコメントやメールで連絡ください。
ちなみにメールアドレスは・・・

icu_doggess☆yahoo.co.jp(☆→@)

です^^


ちなみに5月頃に新歓をする予定ですので、
頭のメモ帳やらリアルメモ帳にちょろっと書き留めておいてくださいねー!
21:18 | News!!| トラックバック:0 | コメント:0
 ◆ 新規素敵サイト様追加(3)
2008/04/22(火)
LINK更新です。

GLBT de Keio様
http://www.geocities.jp/glbtdekeio/toppage.html

慶應義塾大学のGLBTサークル様。
新入生がいっっぱいで羨ましい限りです(あれ、説明・・?)

******************************************************************


新歓やりましたー
とは言っても、新入生は来なかったので完全な身内飲みでしたが。苦笑
まあ、楽しかったので良しとしておきます。笑。

お店の雰囲気に加えて呑みの雰囲気を隠し撮り(!?)写メで。笑

お店の雰囲気
昭和のかおりが漂うレトロなお店。
何故か私たちの行った日は2回停電しました。笑

お店の雰囲気3
お店の装飾だけでも結構楽しめます。

お店の雰囲気2
飲み食い散らかした惨状。爆
安くて味はそこそこ(あえて旨いとも不味いとも言わないところがポイント★)
なものが多いので、まったり飲むのには良い感じです。
例にもれず、私たちもかなり長居をしていました。笑


雰囲気伝わりました・・・?
そんな訳(?)で。他大のLGBTサークル様!
ぜひドゲスと合同飲みを致しましょう!
というよりもしてください(土下座)←切実

冗談抜きで陸の孤島ですので。苦笑
(ICU = Isolated Crazy Utopia の略。<嘘のような半分真)
是非合同飲みの際はお誘いいただけると嬉しいです。


<文責>M 

13:08 | Link!!| トラックバック:0 | コメント:0
次のページ >>
Copyright © 2017 doggess BLOG, All rights reserved.
[ CALENDER ]
06 « 2017/07 » 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

[ ENTRIES ]
サークル交流会と新寮建設
”×”がとてもBLっぽいって言われたけど、悪意があるわけじゃないのよっとか言ってみる
定期的に更新しなくちゃね
ようこそドゲスへ!2009
新規素敵サイト様追加(3)

[ ARCHIVES ]
2009年06月[1]
2009年05月[1]
2009年04月[2]
2008年04月[5]
2008年03月[1]
2007年04月[1]
2007年03月[3]
2007年02月[1]
2006年06月[1]
2006年05月[2]

[ PROFILE ]

NAME : doggess
doggessは
ICU(国際基督教大)の
SexualMinorityのサークルです
活動内容は…1,2ヶ月に一度程度
イベントを行うだけの
ゆるーーーーいサークルです。
他大の学生も
受け入れているので、
興味がある人は


[ COMMENTS ]
カズ[04.04]
たつ[03.23]
たつ@野郎系[03.23]
ゆうだい[03.23]
悠[03.23]
たつ[03.23]
祥[03.23]

[ TRACKBACKS ]

[ LINKS ]
国際基督教大学
国際基督教大学      ジェンダー研究センター(CGS)
国際基督教大学LGBITサークル「sumposion」
早稲田大学 GLOW
あおがくげいゆにおん
P.A.Oweb -パオウェブ
セクシャルマイノリティ研究会
Chuo Light Hearts
F-meiji
GLBT de KeiO
管理者ページ

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。